三十路の日常日記

プラレールにはまった独身男の日々の記録です。

順位発表(情景部品、車両)

おはようございます。三十路です。第3回プラれ場が終わって1週間が経ちます。一段落しました。
この間ラジオに出演しましたプラたく店主のたっくんパパさんが好きな車両を発表していました。
これに感化された三十路はだれも興味持ってないと思うけど好きな車両に加え、情景部品を自分でも考えてみました。
それでは情景部品から
第3位
第3回プラれ場公開日 012
切り通しレール。これは成田アクセスライナー空港セットに入っているもの。単品では販売しておりません。この切り通しレールはアドバンスも走行できる便利な情景部品。しかもリサイクルショップでも格安で手に入れやすい情景部品です。便利で格安で手に入る三十路お勧めの品です。
第2位
第3回プラれ場公開日 011
高架駅です。これも詳しくはわかりませんが新幹線のセットの中に入っていた情景部品です。これをレイアウトに加えればさらにリアルなレイアウトになること間違いないですよ。ヤフオクでは値が吊り上ることはありますがリサイクルショップでたまに格安で手に入ることも。三十路は知り合いから6つぐらい買い取った経験があります。結構人気が高く出回る確率は低い方ですが手に入ったときの嬉しさは格別ですよ!!
そして第1位
第3回プラれ場公開日 010
プラロード大鉄橋です。これはプラロード大鉄橋とマリンライナーのセットとして2004年5月頃発売されたものです。
便利な大型情景部品です。これもセットのみの情景部品ですがすでに廃版になっていることもありヤフオクでは値段が吊り上ることもありますが意外とリサイクルショップで格安で手に入ることもあります。これがあればレイアウトがさらに華々しいものになります。単品で再販してほしいアイテムの1つです。この情景部品には色違いがあり緑と水色です。いずれもセットの中の情景部品なのですが水色は幻の1品になっておりまして出回らないですね。
さて次は車両編です。
第3位
第3回プラれ場公開日 013
トワイライトエクスプレスです。実車は大阪駅~札幌駅を運行中の大人気寝台列車。三十路も1回は乗ってみたいのですがなかなかチケットが取れません。今年こそはと思う三十路です。それをプラレールに。現在でもプラレール博で売られています。手に入りやすいです。
それでは2位
第3回プラれ場公開日 015
横須賀線です。これはちょっぺーさんの鎌倉駅小町通りでおもちゃ屋さんで限定発売されております。三十路はでんしゃ王国の際ちょぺーさんをチョッパーさんと言い間違え苦笑いに誘った1品です。(→失礼極まりない奴)
でもすごくクオリティの高い1品で2台所有を考えている三十路です。
さて第1位
第3回プラれ場公開日 014
阪急8000系です。
これもクオリティが高い1品です。MIXIのプラレールコミュでも評判の高いものです。プラれ場でも大人気車両ですが顔が時々取れてしまいます。そのたびに顔を接着剤で付け直しています。走る姿は三十路もうっとり、カッコ良いです。
三十路は関西出身ではないのですが関西の方がカッコ良い車両が多いのです。確かにたくさんのラインナップの中から選ぶのは至難の業ですね。みなさんも好きな車両有ると思いますのでぜひ考えてみるとこれも楽しいですよ。ここに入らなかった名車もたくさんあります。キハ40の東北色や名鉄パノラマカー7000系など。
ぜひ考えてみてください。それでは。
スポンサーサイト

第3回プラれ場(公開日編)

再び三十路です。今回の記事はプラれ場公開日についてレポートします。
さて設営では時間と体力がぎりぎりだったため恒例の貸出車両等当日の準備はできませんでした。当日は9時に公民館へ到着。準備が間に合わなかったことは言うまでもありません。アドバンスと1車両(小田急8000系)のみ走らせ時間通り開場。
第3回プラれ場公開日 001
まったりスタート。しかし熱心ですね。
立体的なレイアウトには103系大阪環状線が走ります。(関東では昨年の6月発売になり今頃デビュー)寝かせるつもりはなかったのですが寝かせる結果となりました。
第3回プラれ場公開日 002
そして11時過ぎ
第3回プラれ場公開日 005
大混雑。もうレイアウトは走行車両でいっぱいとなりました。
第3回プラれ場公開日 009
そしてお昼過ぎ落ち着きを取り戻しまったりとした雰囲気となりました。
第3回プラれ場公開日 007
第3回プラれ場公開日 008
子どもたちの中にはアドバンスを持ち込んだ強者も!!
写真にはありませんが大阪御堂筋線を持ち込んできた渋い趣味を持ったお子様も。
そして何よりぺたぞうさんが命名した「赤いアメーバ」の予備軍が
第3回プラれ場公開日 006
通称ブルスカ→値段が高騰しています。みなさん貴重な車両をお持ちになりもう三十路もうっとりします。
立体的なレイアウトにぽかーんとするお子様。嬉しいですね。
そして何よりでんしゃ王国等プラレール運転会での恒例となった光景「帰りたくない泣き」も2件発生。今回はかなりしぶとくお母様も困った様子。お母様に抱っこされ帰っていきました。
皆様楽しんで頂けたようです。また「今度いつやりますか」と次回を期待されるお客様もいました。
今回も好評のうち閉幕しました。
次回についてはもう一度開場時間を検討する必要があります。以前から午前中からの開催を行っていきましたがお昼休みを設定したりしなかったりとあいまいにしてしまっていることもあります。理由はお昼食べてまた来るのも億劫なのではないかとも考えお昼休みを設定しませんでした。ポスターにも書かせていただいたんですがどうやらわかりにくかったようでお昼になると落ち着いてしまっています。一人でもプラレール好きなお客様がそういったイベントで不便をおかけしているのであれば検討しなければなりません。次回はそういったことを踏まえイベントを開催いたします。では次回お楽しみに。

第3回プラれ場設営(最終回)

おはようございます。三十路です。なんだかんだで設営レポートが3記事になってしまいました。これで設営編は最終回となります。
さて立体的構造物を作り終えた三十路は立体的な構造物の作成ともう一つ跨座敷モノレールタワーの作成をおこないました。跨座敷タワーは一昨年のJAMで誰かが提案したものなのですがそれがだったかど忘れしました。
この良いところはレールホルダーを節約できることと、跨座敷では通常立体的なレイアウトは作れないのですがこの方法を使えばたくさんの跨座敷モノレールを走ることができます。まー普通の家庭では1編成所有が通常だと思いますが・・
第3回プラれ場設営 016
途中モノレール橋脚が足りなくなり何度も作り直しました。(これを作るときにはモノレール橋脚の在庫を数えておきましょう)
次に単純でいつも通りのジオラマ的レイアウトの作成に入ります。
まずはわかりやすくは車両を走行できるよう今回は2路線に駅を設置しました。またなるべく何両でも走れるよう長いルートを作りました。今回は全て駅からスタートしていただきます。
第3回プラれ場設営 015
隙間は地下直線と切り通しレールで埋めていきます。これはプラレールランドエピソード2でも見られた光景。
第3回プラれ場設営 017
第3回プラれ場設営 018
苦し紛れのレイアウトになりました。
第3回プラれ場設営 021
最後に立体的な構造物の最上階にアドバンスレーンにして完成しました。全て作り終えたのは20時でした。
このアドバンスレーン最後まで脱線せず走りました。
そして全体像
第3回プラれ場設営 019
角度を変えて
第3回プラれ場設営 020
これで設営のレポートを終わります。



第3回プラれ場設営その2

さて今回よりレイアウトを設営していきます。
今回採用するのは2wayシステムです。この2wayシステムは登る路線と降りる路線が別の為同じ方向で車両を走らせれば複数の車両を走らせられるメリットがあります。今回は坂曲線は使わず坂直線レール、直線、曲線のみを使用します。(1つ地下直線使用してます)
ここからは単純なつなぎ方なので特別な解説はありませんので写真のみの紹介としたいと思います。
まずは今回のテーマでもあります立体的な構造物に挑戦するとなっていますので立体的な構造物に手をつけます。
今回こういうテーマになったのには理由があります。3年ぐらい前に初めてぺたぞうさん率いるけいプラが主催のクリスマスでんしゃ王国を見学させていただきその際ケロさんやぺたぞうさんとお話をしました。またその後バレンタインでんしゃ王国にも公開日に行ってきました。その後たっくんパパさんやケロさんとプラレールに関する話をさせていただきホワイトデーでんしゃ王国にて初めて設営に参加させていただいたのです。しかし、長時間悩んだ末にできたレイアウトはみすぼらしい物でした。その後も設営に何度か参加させていただき立体的なレイアウトを目で見て学ばせていただきました。そのリベンジが坪井公民館で5回目となるプラレール運転会でリベンジする決意をしたのです。しかし立体的な構造物について一つ言っておきたいのは見ているだけではすぐには組むことはできません。必ずそこには経験や挑戦が必要となってきます。
さて前置きはそのぐらいにさせていただきまして
第3回プラれ場設営 002
第3回プラれ場設営 003
第3回プラれ場設営 005
第3回プラれ場設営 007
第3回プラれ場設営 008
第3回プラれ場設営 009
第3回プラれ場設営 011
第3回プラれ場設営 012
3段目まで1路線をあげS字でずらして3段を一気に下りる、2路線目は1段あげて1段降りる構造、3路線目はモノレール
4路線目はアドバンスレーン。8階建ての構造物となりました。まー少しは良くなったかな。精神的にも体力的にもきつくなったのでこれで立体的なレイアウトの作成は終わります。これで3時間!!(んーちょっと時間かかりすぎ)
今回はこれで終了。次回は跨座敷モノレールタワー、持込み車両、貸出車両用レイアウトの作成に入ります。

第3回プラれ場前書き~設営その1

こんばんは先週の木曜日から夜勤、金曜日は夜勤明けで夜は職場のボーリング大会に参加しその後成績報告会まで参加し、その翌日からプラれ場の設営、公開日と大忙しだった三十路です。もう体は限界に達している中での設営でした。もう頭が回らない、体も思うように動かないなかで体に鞭を打っての設営でした。
さて今回はぺたぞうさんが他の行事の為不参加となりましたので1人での設営。
利用料の支払いと、カギを取りに受付へ。
職員「今日は設営ですよね?」
三十路「設営だけになります。」
職員「問い合わせが何件か来ているのでお答えしましたよ。」
三十路「ありがとうございます。そんなに問い合わせ多く来ていますか?」
職員「はい結構来ていますね。何時からですかという時間を聞かれる方が多くいらっしゃいました」
三十路「ありがとうございます。ブログとマミーマートと公民館でしか告知はしていませんので口コミで広がったんでしょうかね」
職員との会話でプラれ場への関心の高さが伺えます。とりあえず明日はたくさんのお客様
が来てくださると確信して少しほっとした三十路です。
その会話で俄然やる気になります。少し疲れが取れました。
そして三十路が部材を運んでいると1組の親子が公民館に来て何やら職員に聞いておりま
す。
職員「あちらの方が教えてくださいます」
三十路「・・・・(次回からカンニングペーパー的なものを用意したほうが良いのか?)」
親「イベントって今日ですか?」
三十路「ごめんなさい今日は組み立てのみです。イベントは明日です。」
親「そうですか。わかりました。」
三十路「明日お待ちしております。」そして親子は帰っていきました。
子ども「ねーなんで今日じゃないの?」
三十路「(ごめんよ子ども。三十路にはこればっかりはどうにもできないんだよ)」と思いながらその親子をお見送りします。楽しみにしてくださっていることはとてもありがたいことです。
さて気を取り直し部材を再び音楽室へ搬入します。
そして搬入後このように机を並べました。
第3回プラれ場設営 001
今回は全て音楽室の机をお借りしたので時間は5分程度で終了です。
手前には立体的な構造物を鎮座させるためこのような並びになりました。
前置きはこのぐらいにします。文章が長くなったので設営編は次に続くことにします。

初詣

こんにちは三十路です。ご無沙汰しております。昨日と今日連休となった三十路。朝早く郵便局へ。
すると
ふなっしー 001
すごい人
こんな人集まるところではないのですが実は船橋市非公認のふなっしーがこの郵便局の1日郵便局長を就任されるということで三十路も見てきました。実はふなっしーの記念切手が発売されての記念イベントです。三十路が坪井公民館でプラれ場を開催して4年目を迎えます。目的は船橋を盛り上げたい。人とのつながりをもっとよくしたいということから開催しています。ふなっし―も船橋を盛り上げるというところから活動されており三十路は勝手ながら親近感を覚えそれから応援しているのです。
当初切っても買って一緒に記念撮影できたらと思ったのですがふなっしーが店頭に立つのは30分のみでしたので今から並んではふなっしーに会えないと思ったので見学のみの列に並びました。
並ぶこと30分やっとふなっしーに会えました。相変わらず激しい動きと叫び声は健在でした。
ふなっしー 002
ふなっしー 003
ふなっしー 004
紅白では少しやりすぎたようですが今後も船橋市の為に活動してくれるふなっしーを応援していきたいと思います。
ふなっしーを激写した後、この時期になってしまいましたが初詣しようということで
ふなっしー 005
飯田橋へ向かいました。
飯田橋は大学がたくさんありますが
ふなっしー 006
東京農業大学の開校の地だそうです。三十路の母校というわけではありません。
向かったのは恋愛成就で有名な
ふなっしー 007
東京大神宮です。三十路は前の彼女と別れて2年以上になります。結婚適齢期を越している三十路にとってはそろそろ結婚も含め考えなければいけない時期となりました。この機会に拝んでおこうと思い訪問させていただきました。良い出会いを待ちたいと思います。

今週行うプラれ場は予定通り行います。ぜひ遊びに来てください!!

謹賀新年

プラれ場 010

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

カテゴリ

未分類 (388)
ブログ (1)

プロフィール

三十路

Author:三十路
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR