三十路の日常日記

プラレールにはまった独身男の日々の記録です。

日大理工学部プラレール展示

こんばんわ三十路です。後日レポートすると最初に宣言しましたが時間があるので本日記事を記載したいと思います。実は三十路は日大の理工学部が近所にあるにもかかわらず仕事や私用で今まで参加できませんでした。初めて日大の学祭に参加しました。習志野キャンパスは昔センター試験の際に行ったことがあるのですが惨敗だった苦い思い出があるのです。それは良いとして大学の学園祭は卒業後1年後に参加したことはありますがそれ以来6年ぶりの参加となります。ワゴンセールで知り合ったあくるさんは日大理工学部の卒業生で鉄道研究会のOBで現在もプラレールの展示に参加しているのです。そのプラレール展示を見学するため習志野祭へ行ってきました。諸事情により40分程度しか見学できませんでした。
さて前置きはそれぐらいにして教室の中に入ると教室いっぱいにプラレールが広がっていました。
最も目を引くのが
習志野祭 006
20段の自動乗換駅。自動乗換駅は4段積み重ねるとミニ橋脚1段分ずれるのです。また三十路は自動乗換駅を6段重ねたことがあり6段積み重ねるとミニ橋脚1段ずれると思っていました。どこかで歪んでしまったんだと思いますが。それにしてもここまで来るとねーなんだか運営が大変。しかも外側に設置されている為子どもが触ると事故が多発するリスクもあります。自動乗換駅の扱いについては制約があり難しいんです。
しかし三十路が自動乗換駅の使い方として面白いと思ったのは
習志野祭 023
この使い方。三十路の頭にはなかったレイアウトです。今度のプラれ場で工夫しようと思います。
次は車両編です。まずはスマイルトレインのすれ違い。今では貴重な車両の一つです。
習志野祭 013
もう一つ貴重な車両!!
習志野祭 010
さらに
習志野祭 019
なんといそかぜも!!
習志野祭 015
また貴重な急行利尻やキハ40播但線も
習志野祭 016
習志野祭 020

カスタムプラレールも充実していました。
習志野祭 018
習志野祭 017
とてもたくさんあってこれだけでは紹介しきれませんが楽しい展示会でした。そして三十路は学祭の独特の雰囲気を味わいました。三十路も大学3年間は学生会に所属していました。色々と大変な思いをしたのを思い出しました。あのころは大変だったけど楽しかった。学生気分に戻って満足した三十路でした。
あくるさん、その他のOBの方、在学生の鉄研の皆様お疲れ様でした。
それでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://misoji8.blog.fc2.com/tb.php/194-a0b2c6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

カテゴリ

未分類 (388)
ブログ (1)

プロフィール

三十路

Author:三十路
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR